取引先の相手と連絡を取る時

会社の印象を良くする

取引先の相手方から電話が来た時に、正しい対応ができれば会社の印象が良くなります。
逆に失礼な態度を取っていると、悪い印象を与えます。
正しい電話対応の仕方を、ビジネスマナー講座で教わりましょう。
また相手と、メールでやり取りすることも多いです。
プライベートでは友人にメールを何回も送っているでしょうが、その時とは書き方が異なります。

言葉の選び方などを、しっかり考えて文章を作成しなければいけません。
不安な人は、ゆっくりメールを作成してください。
相手に送信しない限り、何回でも書き直すことができます。
言葉の意味を調べながら書くことで、正しいメールの文章が完成するでしょう。
しかし相手のメールへの返信は、できる限り早くしてください。

わからないことを聞く意識

ビジネスマナー講座に参加すれば、詳しい知識を持った講師が説明してくれます。
しかし1回説明を聞いただけでは、理解できない内容もあるでしょう。
その際は、質問するのが良い方法です。
わからないと素直に伝えることで、もっと簡単に説明してくれます。
質問することに抵抗を感じて、わかったフリをするのが最もいけないことです。

わかったフリの状態では実際に仕事に取り組んだ時に、トラブルが起こります。
知識を持っていないので、トラブルに対応できないでしょう。
すると被害がどんどん大きくなって、自分や会社の印象が悪くなります。
そのようなマイナス面があるので、恥ずかしがらずに聞いてください。
全てを理解した状態で、仕事に臨みましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る